紅茶専門店ロンネフェルトティーブティック東京・調布【Ronnefeldt】

紅茶専門店ロンネフェルトティーブティック東京・調布【Ronnefeldt Tea Boutique Tokyo】

台湾・阿里山~日月潭への旅

台湾・阿里山~日月潭への旅

 

2016年春。
紅茶仲間のまゆちゃんが、世田谷区経堂にある当社のBarに仙台から遊びにくるということになった。
ならば集まろうじゃん。という事で、都内ホテルのTeaソムリエのはるちゃんと島根のせん太郎に声をかけた。
僕たち4人は、ロンネフェルト紅茶のゴールドマスター仲間である。

久しぶりの再会に祝杯をあげ、盛り上がる話しの中で4人で旅行に行くことになった。
目指すは世界屈指のお茶の山。
台湾・阿里山である。

 

 

 

 

 

  

日本/羽田空港~

台湾/桃園国際空港


 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

| 台湾/桃園国際空港

  8月下旬、出発当日「台風の影響で飛行機が飛ばない」と、島根から電話が 入る。「岡山まで車で行き、そこから新幹線で向かうけど、間に合わないかも!」
一方で、「東北新幹線の車内でスーツケースの取り違いで、私の荷物が無くなったー。」「間違えた本人が、自宅に帰ってから気がついて今から東京駅に持ってくるらしいけど、まにあうかな」等、トラブル続出したもののなんとか4人そろって台湾に着いた。

 台湾は、ポルトガルをはじめオランダ、スペインなどがかわるがわる統治していて、
17世紀末に清朝の行政下となったが、その後、日本の統治下となり、この頃から本格的な茶業が開始されたものと思われる。
台湾の主な茶産地は台北、台中で、玉山をはじめとする3,000メートル級の山地だ。
山並みの山間を中心に「台湾烏龍茶 (フォーモッサ・ウーロン) 」、「凍頂烏龍茶 (トウチョウ・ウーロンチャ) 」、「包種茶 (ホウシュチャ) 」、「鉄観音茶」、「水仙茶」、 「緑茶」などが生産されている。

 


 

 

 

 

  

 

桃園国際空港~嘉義・阿里山


 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

| 桃園国際空港~嘉義・阿里山

  港からはバスで桃園に向かい、新幹線で嘉義へ向かう。
夜中の飛行機だったので、今は朝だ。
駅のコンビニでおむすびとお茶を調達した。
日本のコンビニでもおなじみのおむすび。ここ台湾のコンビニでもおむすびが大量に並んでいる。
然し乍ら、中身の具材が中国語で書かれているのでどんな味なのかもわからない。
さすがに、梅、昆布、おかかはないだろう。笑。
肉鬆?と書かれたおむすびは豚肉のそぼろごはんと言った感じか?
ハワイのゴルフ場で食べたスパムソーセージがはいってるのと、
鶏肉の甘酢料理のおむすびを食べた。
ものすごい種類のおむすびがある。おむすびを食べまくるグルメ番組ができそうだなと思った。

台湾では実に多くの日本語の看板が使われている。
商品にも日本語が使われている。
一瞬それは日本の商品ではないかと間違えるくらいだ。
私のお茶には特上紅茶と書いてある。
日本リスペクトなのか、単なる外来語として商品とともに受け入れられているのか、
まだ今の時点では何もわからない。

台湾の新幹線は快適だ。
1分の誤差もなく、定刻通りに嘉義についた。

 


 

 

 

 

  

 

阿里山


 

嘉義・阿里山
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

| 阿里山

 

里山は、北緯23度27分も北回帰線上にある台湾中南部の都市・嘉義の桐朋に位置し、
玉山山脈の西方の18座の高山から形成される一支脈の総称である。
ユーラシアプレートとフィリピン海プレートがぶつかり合い隆起してできたもので、主峰玉山は標高3952mで
日本統治時代は日本の最高峰 であり、「新高山」と呼ばれた。
明治天皇によって命名されたことで知られ、第二次世界大戦時の海軍の暗号電文である「ニイタカヤマノボレ一二◯八」の所以となった山とされている。

 

 

 

 

| 太興岩

 

里山を案内してくれるのは、仙ちゃんがパリ旅行中で出会ったリー君とリー君のおじさん。
このおじさんが今回の旅行の超重要人物。

阿里山に茶園を持ち、嘉義で THE ONE TEA 一茶工房というティーブティックを経営してるのだ。

リー君は台湾の黒猫印の宅急便ドライバー。

このおじさんまで最短距離で縁が繋がったことに何か大きな力を感じる。

 


台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

 

 

 

 

  

 

太興岩


 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

 

ねくねとした山道をどのくらい走っただろうか。
台湾の道路事情はアジアの他の比べても優秀でアスファルトが滑らかだ。

太興岩に着いた。トイレと休憩を取る。
建物の中に無料でお茶おサービスする機械があったが、残念、故障中だ。
機械の上には紙コップではなくて、陶磁器の茶碗である。
 
海抜1000m弱まで登って来た。おじさんの車のナビにはGPSを選択する画面があって
標高が右下に表記されている。
左右の景色も雑木林から一転茶畑になった。
ここは台湾の雲海の名所らしい。茶畑の中をジグザク進む歩道は大人の足でも小一時間かかるようだ。
雲海を写真に収めるために午前3時くらいから熱心なアマチュアカメラマンが集まるということだと聞いた 。

私たちがついたときはもう日もかなり登っていて、山麓も薄曇りのように煙っていて、
空気が澄んでいれば嘉義の街も海も見えると言う自慢の景色は全くもって拝めなかった。

海抜1300mほど登った所におじさんの茶畑があった。
隣りの山々から反対側の山々へ延々と広がるカメリアシネンシスの茶樹。
当たり前だが、中国種のお茶の木である。
私たちは興奮して、それぞれに茶畑の中へ入って行った。
人影はなく、鳥たちのさえずりだけが静寂の中に響く。
茶樹の葉をなでるようにさわさわと吹き下ろす山の風が気持ちよかった。

 


台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

 

 

 

 

  

 

奮起湖駅


 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

| 奮起湖駅と阿里山森林鉄道

  起湖駅に着いた。
ここで、遅めの昼食を取ろうということになった。
ここは阿里山森林鉄道の駅である。街は迷路のように路地が入り組んでいて、道幅の狭さが車のなかった時代に繁栄したことを想像させる。
観光ブームに乗っかって時代を感じさせる料理屋と並んで建つお土産屋さんやコンビニエンスストアーの昼間から放つ無駄に明るい照明が眩しかった。
そして、おもしろいことに奮起湖という湖はない。笑

閩南語(びんなんご)という中国語の方言のような言語の一種で、湖というのは窪地を意味しているらしい。
スイッチバックによる上下線の離合地点であったり、蒸気機関車時代は水や石炭の補給基地の役割もあったため、停車時間を長く取っていた らしい。そのため、乗務員や乗客が休憩や食事をとるようになり駅前集落が繁栄したようだ。

僕らが訪れた時間も観光客で賑わっていた。
駅構内には車庫があり蒸気機関車が2輛。その他、ディーゼル機関車と保守車輛?のような小さな貨車があった。

「阿里山森林鉄道」は、インドの「ダージリン・ヒマラヤン鉄道」、チリとアルゼンチンを結ぶ「アンデス山鉄道」と並び、世界三大登山鉄道のひとつに数えられている。海抜30mの嘉義駅から海抜2,216mの阿里山駅まで標高差約2,200m、全長71.4kmを3時間30分で駆け登る、登山鉄道として世界でも数少ない貴重な森林鉄道である。

「いつかダージリン・ヒマラヤン鉄道に乗りたいね。」などと、みんなは戯言を言っていたけれど、それはいつか現 実になるかもしれないなと、
僕はふと黒光りする大きな鉄の固まりになってしまった蒸気機関車を見ながら思った。
「未来は言葉にした夢しか実現しない」そう信じているからだ。

 
 


台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

1895年下関条約締結により、台湾が日本の領土となったころ、日本では森林資源が乏しくなり、木材の供給基地を海外に求める必要があった。
また、台湾では交通網を整備する一環として縦貫鉄道敷設を急いでおり、その建設資材として木材の調達が必要であった。
時を同じくして、1896年に日本陸軍中隊長・長野義虎が阿里山の登頂に成功し、巨大密林を発見する。その情報を基に、撫墾署ぶこんしょの斉藤音作を隊長として調査が行われた。その結果新高山西方に樹齢千年以上の高品質の針葉樹林が1,000平方キロメートルにも及ん
でいることが判明した。
しかし、地勢が厳しく道路の建設が困難であり、河川も流れが急で利用できず、木材を運び出すことはできなかった。
幾多の運搬計画が検討され、安全で大量輸送が可能な森林鉄道が採用された。1900年鉄道部技師飯田豊二
は、森林鉄道が敷設可能か否かの調査を開始し、結果を台湾総督府に報告した。その報告を基に1903年、台
湾総督府の民政長官であった後藤新平は、ある人物に開発とルート選定を委任した。
その人物こそが後の阿里山開発の父といわれた東京帝国大学林学博士の河合太郎である。後略(「時代とともに走り続ける阿里山森林鉄道」より引用)

 

 

 

 

  

 

THE ONE TEA 一茶工房


 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

| THE ONE TEA 一茶工房

 

さんと林さんの経営する「THE ONE TEA」にようやく帰って来た。
談笑しながら、お茶を頂戴した。


最初は阿里山のドライブの話しで盛り上がっていたが、林さんのお茶の淹れ方が我々と違うのでは?
と、突然スイッチが入りそこからおいしいお茶の淹れ方はどうあるべきか、阿里山烏龍茶はどのように淹れるのが一番おいしいのか、などなど笑


最後はお互いに第二外国語である英語で説明出来ないボキャブラリーの領域に到達してしまい、林さんのお嬢さんのお友達で、日本語を話せる女の子に電話して数時間電話上で通訳をさせると言う荒技まで飛び出して、理屈っぽい僕たちの侃々諤々(かんかんがくがく)ミーティングは、全員が空腹になることで終了した。

 
     





台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

 

 

 

 

  

 

日月潭


 

| 一茶工房茶園

 

さんの車は、嘉義市の北を東西に流れる川にそって下流から走って行く。
台湾の国土は日本の1/10。
およそ九州ぐらいの面積に2400万人が住んでいる。
最高峰の玉山(新高山)は、富士山より高い3952mだから人々は台湾島の西側の平野部にほぼ偏って暮らしている。
そして、川の流れは急だ。
それがまた、日本人には見慣れた風景に写るのだろう。

広葉樹に覆い尽くされた山の中の奇麗に鋪装された路を突然脇道にそれると、時代をスリップしたような集落に出た。
農家の母屋や牛小屋があり、猫や鶏を庭に話している。が、人間は一人もいなかった。
路の幅は2m未満でガードレールもなく、もちろん鋪装もされていない。
おじさんは慎重にゆっくりと車を進め て行くが、車が崖下に落ちる恐怖よりも二度と僕らの住んでいた時代には戻れないのではないかと言う恐怖の方が一瞬勝った。千と千尋の神隠し的な?笑

木々のトンネルを抜けると、茶畑だった。

阿里山の茶畑よりも規模は小さかったが、奇麗に茶樹が植えられていて鮮やかな眺めだった。
しばらくすると、李おじさんの会社の部下らしきひとと女性たちがやって来て茶摘みを始めた。
指にはカミソリの刃が装着されていて、リズミカルにそしてものすごいスピードであっという間に摘採されていった。

茶樹の品種は大別して、中国種とアッサム種の2種類に分けられ、中国では、栽培種を大葉種・中葉種・小葉種の3つに区分しており、それぞれを交配することで、各土地に適した品種が植 えられています。

ここの茶樹は大葉種。一枚が大きなもので手のひらぐらいあるのだ。
日本で緑茶に使われる中国種の茶樹は小葉種なのでものすごくおおきく感じられた。
っていうか、初めて見たわ。笑

スリランカのとある茶園では、茶葉のおおきいアッサム種と掛け合わせて葉のおおきく酸化酵素の活性の強いタンニンの豊富な品種を作っていたが、ここ台湾でも気候や土に対していろいろな研究がなされているのだろうとか、北回帰線上にある台湾の気候はどうなんだろうかとか、茶摘みをする彼女たちの給料は幾らなんだろうかとか、下世話なことを考えていたら別世界にスリップしたことも忘れてしまった。

 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

| 日月潭(ジッグァッタム)(にちげつ たん) SUN MOON LAKE

日月潭(ジッグァッタム)(にちげつ たん) SUN MOON LAKE

 

陽のような明るい笑顔、月のように静かに見守る存在――。
婚約内定の会見をした秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんは、互いをこう表現した。

サンムーンレイク。

その名に恥じない美しいその光景は、僕らを少し無口にした。
そしてこの旅がもうすぐ終わることを僕たちに擦り込んだ。

湖上に伸びる一本の白い橋の突き当たりで、みんなで写真を撮った。
良く笑ったし、良くしゃべった。
李おじさんは最期まで、台湾語だった。
ありがとうございました。


 

 

台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅
台湾・阿里山~日月潭への旅

 

 

 

 

  

 

九份


 

| 九份にて

台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份
台湾・九份

 

 

 

 

  

 

台湾桃園国際空港~日本/羽田空港


 

東京・調布 ブレッドギャラリーコンチェルト

| 帰国後試飲

東京・調布 ブレッドギャラリーコンチェルト
東京・調布 ブレッドギャラリーコンチェルト
東京・調布 ブレッドギャラリーコンチェルト

 
ロンネフェルト・ティーのネットショップを開設しました。
お問い合わせはこちらから
 

ページトップ

Copyright© 2010 ロンネフェルト社認定ティーマスター ゴールド 東京・調布by Symphony Corp, All right reserved.